NOROIの福袋

中度ASDの日常

悪夢と現実

けさ、怖い夢を見た。

 

私は実家にいて、姉の暴力を受けてて、まだ家族と絶縁できていなくて、支配下にいる。

「絶縁したくても、お金がないから無理」と思っている。

 

そして目が覚めると、「ああ、もう絶縁できたんだ。あれから7年も経つんだ」とほっとした。

 

成人してからも、数年実家に居て、働いていた時、正社員ではなかった。

それで、実家に居るというだけで、若い女だというだけで、「良いご身分だ、甘えてる」みたいに言われることがあった。

固定観念というか、若い実家暮らしの女の子=生活がかかってない

と思われることが多かった。

でも、実際には契約社員でパート主婦の人より血を吐くような仕事してても、台風でも仕事して夜中まで働いても、サイコパスの主婦に嘘を言いふらされて退職に追い込まれた。

 

その後障がい者雇用で就職しても、童顔で若く見えるので、もう実家を出ていたのに「知的障害の女の子、親に面倒みてもらってる、かんたんな仕事しかしない」というイメージで見られた(ブラック企業の頭悪い人々にとっては発達も統失もなんでも知的障害!)。軽く見られた。

 

そういうブラック企業には、ハッキリ言って偏見の強い人しかいない。

 

実家暮らしだからと言って楽をしているわけではなく、実家が死ぬほどいやでも不便でも、当時学校に行くお金を貯めていたので実家を出られなかった。正社員になれる体力とか素質もなかったし。

 

20台は本当に、世間的には若い女の子と言う風に見られるし、実際には知恵もなかったし、本当に不利だった。20台は最悪だった。

 

 

とにかく今は奇跡的に実家と絶縁できて本当に良かった。

 

ずっと、家族が毒だとわかっているのに一緒に暮らし続けると、わかっていても悪いパターンが刻み込まれ、また別の職場などで同じことを繰り返すようになっていくと私は思います。何故か毒親育ちの人間はブラック企業に行ったり、サイコパスのカモになりやすいのです。

 

とにかく毒親育ちの人は自分に良い環境を用意して、良いパターンをできるだけ自分に覚え込ませることが必要です。

 

それでも家庭環境で刻み込まれたパターンを軌道修正するのは簡単ではありません。

 

良いカウンセラーやドクターに出会えたら違うとは思う。

 

つづく。

 

今日の動画

youtu.be

美術館へ

今日は友達二人と一緒に県外の美術館に行ってきました。

 

普段私は美術館なんて行かないので想像できてなかったのですが、すごい人が多くて、美術館を出た後もどこのカフェもいっぱいで人混みに疲れました。

 

が、たまに友達と出かけるのも良いなと帰ってきて落ち着いてから思いました。

 

今日は朝から自治会の仕事があり、午後の早い時間から急いで県外に行ってきました。

 

友達ひとりは用事があり、美術館を出たら行ってしまいました。が、もうひとりの20歳の友達とはビル街をあるきまわった末にかろうじて空いてたカフェに入って少し話しました。

 

その子は最近仲良くなった子だけど、飲食店の店員さんに対する態度とかあとかたずけの様子を見ていて「なんて、ちゃんとしてる良い子なんだろう」と思いました。

そういうのも家庭の教育なんだろうと思います。

 

 

人混みで疲れたけど、また落ち着いた場所で家飲みとかしたい。

 

おわり。

 

今日の動画

youtu.be

病気が一つ治った

 3週間くらい前に、鼻炎の手術を受けました。

 

 鼻の奥の奥まで器具を入れてレーザーで焼くというものです。

 本当にこれは怖かったけど、今日の処置で全部終わったみたいで、鼻炎も治りました。

 

 鼻炎は、子供の時から30年苦しみました。

 

 鼻炎は、私の場合は水洟がたらたらーっと出るのですが、これはかなり酷かったです。重度の鼻炎だったと思う。

 

 まあ、季節によって症状がないときもあるのですが、この前トーイックのテストを受けたときに鼻炎が酷くてテストにならなかったことがあり、手術を決意しました。

 

 私はASD精神障害だけではなく体の病気もいろいろあるけど、それが一つ治りました。

 もう、鼻炎を起こすセンサーみたいな部分をレーザーで焼きました。

 

 一つ病気が治るって、すごく身軽になった感じ。

 

 今日は午前中に病院で処置をしてきて、帰ってきて今またトーイックの実地テストをしました。あとご飯を炊いて洗濯。

 

 ものすごく単純な対比すぎるかもしれないけど、私は20台が最悪でどん底で、30台になって良くなってきている気がする。

 

 病気が一つ治るだけで希望的な気分になります。

 

つづく。

 

今日の動画

youtu.be

 

 

ADHDもあるASDの勉強

 今日は一日ほぼ勉強しかしてない。

 

 午前中にトーイックの実地テストをして、昼ご飯を食べながらイギリス英語の勉強のためイギリスドラマを観ていました。

 

 そして午後から、アイエルツの勉強を机に向かってノートに書いてた。

 ずっとトーイックはアプリでやっていたので、ノートで勉強するのは久しぶり。

 

 勉強していると、自分はADHDもあるから机に向かって勉強とか事務の仕事するのはあまり向いてないのかもしれないという思いがふつふつと湧いてきます。しんどいです。

 しかし、言語に関するIQだけは高いので得意な部分もあるとは思う。

 ADHDは過集中があるというけど、私にはないと思う。

 

 間に休憩をはさんでやるしかないかな。

 

 ノートの勉強は大学入試のとき、失業保険をもらっていた時期にずっとやってた。

一日8時間くらいずっと英文をノートに書いていた。

 あのころの勘が戻ってくれば、アイエルツもやれると思う。

 アイエルツはライティングの試験があって、それは私に合ってると思うし、英文を書くのを8時間できたということは適性があるからだと思う。

 

つづく。

 

今日の動画

youtu.be

子供に元気をもらう

今日も仕事でした。

 

私が先月から働いている塾は、養護施設から来ている子が多いです。普通の子もいるけど。それが働き始めた理由の一つでもあります。

 

養護施設と聞いて、可哀想なイメージを持っていましたが、実際にはぜんぜんそういう雰囲気じゃない。普通です。

 

きっと、その施設が良い施設なのかもしれない。意外と共同生活が楽しい部分もあるのかもしれない。わからないけど。

 

そういう子供と話すと、私も頑張るぞ~!!と元気が湧いてくることがあります。

そうだ、私も自由なんだ、別になんでもできるんだ、と思える。っていうか。

 

今日はカウンセリングを朝に受けて、その後大学で少し時間を潰した後、大学の近くにある歯医者に行き、帰ってきて少し休憩して、仕事に行ってきた。

 

カウンセリングでは今日はトラウマを話さず、この大学の大学院に進めないことがわかってショックを受けてて、他の大学院への進学準備も大変なことを話しました。あとそれもあって体調を崩していることも。

 

心理士さんは「それはライフプランが崩れたからショックなのはわかる」と共感してくれました。

 

あと関係ないけど、最近替わったばかりの若い主治医が米津玄師になんとなく似てるので、米津玄師を見ると主治医を思い出します。

 

 

今日の動画

youtu.be

季節の変わり目

急に寒くなりましたね。

 

私は体調が悪いです。

季節の変わり目はいつもこうやって体調を崩している気がします。

私にとって色々最近、人生の季節の変わり目というか、いろいろ変化もあって、それもあって体調を崩している気がします。

 

数年前まで働いていた会社のことをフラッシュバックしています。

その会社はブラック企業だったけど、障碍者をいっぱい雇用していて、よくそういう先進的な企業としてメディアに出ています。

実際に働いてみると、幼稚園に迷い込んだような感じで、しかも女の人ばっかり。パートの主婦もいればフリーターもいた。

 

そういう酷いブラック企業がなぜ障がい者雇用するといえば、サンドバック目的と、人手不足への人身御供です。もちろん法定雇用率の達成とか多様性アピールもあるけど・・・

 

女の人ばかりの職場に出勤すると、障碍者はゴミ箱を見るような目で見られます。本当に。ストレスと仕事を押し付けるはけ口で、人間とは思ってもらえません。とにかくフリーターと主婦とブラック正社員なので教育レベルが低いです。人権意識が江戸時代。

 

今でも思うことがあるのですが、家族と絶縁してぼろぼろだったときに、わざわざあんな会社に行かなくても良かったな、もう少し良いところに行けばよかったな、ということです。ましてや履歴書にかけるくらい長く続けなくても良かったな。

 

なぜこんなことを言うかというと、私は今霊能力が少しだけあって、スピリチュアルにかぶれていて、人間は自らの試練のために自分で環境を選んでるとか、ハイヤーセルフが環境を選んでいるということを信じているから、選べたんだと思っているからです。

 

選べたんなら、あんな無駄な苦労はしなくて良かったと思う。

そんな苦労は本当に何にもならなかったと思う。

自分以外の障がい者にもそういう苦労をしてほしくないと思う。

 

絶縁したばかりの時期、もう少しゆっくりしたかった。

だから、B型事業所とかに行けば良かった。と今でもまだ、何年も経った今でもまだ思います。

 

つづく。

今日の動画

youtu.be

季節の変わり目 色んな意味で

今日は、以前会った教授と同じ、今の大学の大学院の、受ける予定だったコースの、面識のない教授に会って話をしてきました。

 

結論から言って、この人に会って話して本当に良かったし、ずけずけものを言う人ですがとても良い教授でした。

 

話を聞くと、私が進学しようとしていた大学院はあまりお勧めできないということでした。

内部の人が言うんだから間違いないですね。

 

できれば、この大学が好きなのでずっとここにいたい、と言うと、即座に「そんな風にこだわらないほうが良い」と言われた。

そして京大、東大を勧められた。

 

それは良いけど、いまのところ、滑り止めになりそうな院が全くないのが問題です。

 

本当に、私の分野で国公立となると、私の住む地域にはすべりどめになりそうなところがない。私学ならあるけど。東京にもないです。東京も遠いけど。

 

最近二人の教授に話を聞くまでは、ずっと何年もこの大学に、この地域にいられると思っていた。

 

この県が大好きで、私にとって大切な場所で、人生が変わった夢のような場所。そして元主治医の病院にも2じかんくらいで行ける距離。

 

いままで、大学に来てから、夢のような時間だったけど、ただ奇跡で大学に入ったという段階から、また季節が変わりつつあるような感じ。

 

台風が過ぎ去って、現実的にも季節が変わって秋になった。

 

つづく。

 

今日の動画

 

youtu.be